第2回オープンイノベーション・プロフェッショナル研究会:「東レ、三井化学、コニカミノルタの新規事業創造とオープンイノベーション」

第3回オープンイノベーション・プロフェッショナル研究会を開催いたしました。
多くの方にご参加を頂き誠にありがとうございました。

テーマ:「東レ、三井化学、コニカミノルタの新規事業創造とオープンイノベーション」

日時:平成29年7月21日 15時~18時
場所:三井住友銀行本店会議室
参加者:26名

概要:
【目的】
オープンイノベーションの議論を行うにあたって各社での問題意識を共有する必要がある。そのため、参加者からこれまでのオープンイノベーションの施策を紹介いただくとともに課題を議論する。

【開催結果】
研究会に参加する三社(コニカミノルタ、東レ、三井化学)の参加者からから、これまでのオープンイノベーションの施策を紹介いただいた。そののちに参加者に3つのグループに分かれていただき、それぞれのグループの中でグループディスカッションを実施した。自社とのオープンイノベーションの共通点や相違点について議論するとともに様々な課題を抽出し、個人での対応と組織対応についての分析を行った。その結果、これまでのオープンイノベーションの議論では各社の目的が異なっており、それぞれの課題と施策についての議論が深まりにくいこと、オープンイノベーションを類型化したフレームワークを新たに作成し、それぞれの組織対応を抽出する必要があることを整理した。